キャプチャ
五稜郭タワーでは体育の日にあわせ「階段のぼりチャレンジ」が10月12日~14日まで開催されます。
今回の記事では昨年の様子をお伝えします。
五稜郭タワー

五稜郭タワーの場所はマップのとおりです。
IMG_1844
今年の五稜郭タワー 体育の日 階段のぼりチャレンジ。
開催は、2019年10月12日(土)~14日(月)の3日間。
10時~16時までの受付で、展望チケットを購入すれば誰でも参加が出来ます。

~ここからは、昨年の様子です。~

IMG_1845
階段のぼりチャレンジは、五稜郭タワーの451段の非常階段を歩いてのぼり、帰りはエレベーターです。
このチャレンジには展望チケットが必要なので、現地で購入する必要があります。
ちなみに片道歩いてのぼっているからといって、料金は半額になりません。
通常と同額の料金がかかります。
IMG_1846
受付を済ませたら、普段は開放していない1階から展望2階までの非常階段がある扉の中へと。
五稜郭タワー公式イメージキャラクター、「GO太くん」の応援看板が唯一の励み。
IMG_1848
これが階段です。
普段見れない裏側を見れて最初は嬉しく感じましたが、運動不足の己の足に負荷がかかってくると、そんな事も忘れてしまい普通の階段しか見えない。
早くも「暑いし疲れた」なんて嘆いていると、この看板。
IMG_1849
おお。
厳しくもあり愛のあるGO太くんのお言葉。
IMG_1850
ちなみに受付でクイズ用紙が配られました。
階段の途中にクイズが全5問あります。
この階段のぼりチャレンジには、高齢な方だったり幼稚園くらいの子だったり年齢関係なく色々な方が参加しておりました。
そしてみんな元気に階段をのぼっていきます。
そんな中自分は、3問目あたりでクイズを考えるふりをして休みました。
IMG_1854
ようやく中間地点。
なんとなく空気が薄くなってきたような、気のせいか。
IMG_1857
ここまでくればもうすぐです。
汗ふきタオルはあれば便利です。
IMG_1859
ついにゴール。
先ほどのクイズ用紙を提出すると回答をしてくれました。
ここで記念品も受け取ります。
IMG_1864
ここが出口です。
息が切れ汗をかき、このチャレンジをしていないエレベーターでのぼってきた観光客と比べれば確実に温度センサーは高め。
IMG_1865
タワーからの景色です。
景色を眺めると、ここまでのぼってきたんだという達成感のようなものを感じます。
IMG_1869
この部分の床はガラス張りです。
苦手です。
IMG_1871
旧五稜郭タワーと比べると高さは別格。
ただ、旧の方が形は好きでした。
IMG_1872
個人的に自分の運動不足を再認識すると共に、いい運動の機会となった、昨年の「五稜郭タワー 体育の日 階段のぼりチャレンジ」。
2019年10月12日(土)~14日(月)の3日間の開催なので参加してみては。