IMG_2263
この日は、たつみや食堂でランチ。
もとい昼飯です。
かなーりお久しぶりに会う店主は元気でした。
たつみや食堂

入店すると店内は暗く先客もなし。
そして、油断してたのか明らかにびっくりした店主の「いらっしゃ~い」の声。
店主から「テーブルの下に電気のスイッチあるからつけてくれ」と言われパチンと開店準備完了。
さあ、今日もはりきっていきましょう。
ちなみに函館の東川町には、たつみ食堂というお店があり間違いやすいので注意です。
IMG_2265
メニューは以前からかなり減り、ラーメン、そば、やきそば、チャーハン。
約40年この店をやっており、長い年月。
値上げもありましたが、単品はほぼワンコインやそれ以下といった価格設定で消費税込みというのが嬉しいじゃないですか。
昔はなんとも感じませんでしたが、こうラーメン等がどんどん高くなっていく中でのこの値段は安いというより、ひとむかし前にタイムスリップしたみたい。
増税にも屈せず消費税込みの価格は企業努力か地元の方や常連さんへの感謝価格か。
IMG_2266
高齢の店主が一人できりもりしているので、お水・お茶はセルフでお願いします。
テーブルの調味料は一味とコショウで色あせなし。
一味唐辛子色あせランキングはまたも、函館市末広町の丸八商店が死守。
IMG_2267
余計な物は何もく整然としているのに、必要なものはちゃんとあるカウンター。
椅子の座布団に店主の優しさを感じます。
IMG_2269
きました、巨大なお雑煮ルックス。
正油ラーメン。
昔ながらのラーメンといった感じで、シンプルながらも具材が多い。
紅白NARUTOは好きではないですが、見た目にはいい感じ。
これでワンコインは素晴らしいです。
IMG_2270
なんとチャーシューは4枚も入っています。
スープは結構あっさりな感じで、チャーシューはシンプルな味付けながらも味が染みておりスープと一緒に食すと塩梅が良き。
麺はスープとはあう麺でしたが自分的には柔らかすぎたので、今度麺カタメとか言ったら通るかな。
IMG_2271
薄っぺらいながらも味がしっかりした、玉子もスープをバックアップします。
「今の日本は中性脂肪とかメタボリックとか言ってるから気をつけろよ」と言ってくれているような全体的に優しいラーメンでした。
一見寡黙そうな店主は、話すと気さくな方です。
他にお客さんがいなかったので終始昭和の話題で盛り上がった店内。
世間は「平成最後のー」みたいな感じですが、新元号になっても昭和の話を相変わらずしているだろう自分。

おまけ(昔のメニュー)
IMG_2272
上の画像は昔のメニューですが、当時はメニューも多く出前バンバン。
忙しかったけど良き時代だったとの事です。
海やドックから近く、この周辺の世帯数等々も今の比ではないので納得です。
IMG_2273
昔は今は無きみそラーメンもやっていました。
塩ラーメン350円って何年前だろう。
店で昭和の話やこの周辺の昔の話になると、店主が上の画像のメニューを奥から嬉しそうに持ってきてくれて「懐かしいしょ」と見せてくれるんですが、いつ言おう。
いや言えないな。
これいつも見てますって・・・。