IMG_2225
この日は焼肉屋さかい 函館五稜郭店です。
外で食べる焼き肉がおいしい時期ですが、涼しい店内で食べる焼肉も良き。
焼肉屋さかい 函館五稜郭店

焼肉屋さかいはフランチャイズの焼き肉屋で、函館はこの店舗のみ。
以前は、北斗市七重浜にもあったというのは懐かしい話です。
IMG_1882
以前は炭を使っており「炭火焼肉屋さかい」という名前でしたが、現在はロースターです。
肉をムラがなく美味しく焼けるし煙も少ない高性能品と店長談。
IMG_1890
注文はタッチパネルで行います。
IMG_1889
カルビ系が充実しています。
他の店舗では揚げ物もあるようですが、函館五稜郭店では揚げ物の取り扱いはありません。
IMG_1907
タッチパネルで肉の注文を終えたら、やることは1つ。
それは、タレの準備。
テーブルには、にんにくチップとヤンニン。
IMG_2220
左は塩味の肉を入れて、真ん中にヤンニンとにんにくチップを鎮座させ、左のタレに少しづつ入れていこうという作戦です。
結論から言うとしくじりました。
どうでも良い話をすると「真ん中にノーマルタレ」、「右にヤンニン&にんにくを入れたタレ」にして、比べながら食べた方が良かったと思いましたが、後の祭り。
IMG_2221
まず、すぐに注文したのがすじ焼き(1人前)です。
数が少なく、開店後まもまく売り切れになるメニューです。
基本、歯ごたえがありそこが良いです。
IMG_3104
そして厚切りカルビのたれ。
厚切りですが、肉が柔らかいので一口でモグモグ。
IMG_3101
トロとんタンは安くてリーズナブル。
薄くてすぐ焼けるという点で、前半戦では重宝。
IMG_2223
おかわりメニューは割愛して、次は中落ちカルビ(たれ)。
ノーマルカルビよりもリーズナブル。
IMG_1888
焼いてない肉は余裕を持ってパシャリと画像を撮れますが、網の上に乗せたら戦いがスタート。
焦げないように注意しながら焼きます。
IMG_2224
次は壺付け熟成焼肉。
壺付けと言うだけあって他の肉と違った形で出てきました。
IMG_2226
壺付け熟成焼肉はニンニクと一緒に焼きます。
熟成がいかなるものかわからない自分でも、柔らかくジューシーで違いは感じました。
IMG_3118
タレの肉が続いたので、気持ちを変えて鶏なんこつ。
軟骨に割とたっぷりと肉がくっついていて食感も楽しめます。
IMG_3102
同席者は白米にしないで、ねぎめしを注文。
こういうのって家で真似したりしますが、外で食べるから旨いんだと思う日があります。
IMG_3103
たまごが良い仕事をしているのか、はたまたネギなのか、もしくは両方か。
IMG_3110
旨辛チーズタッカルビは、チーズと肉をそれぞれ焼き・・・
IMG_3111
「これでもか」というくらいに混ぜます。
ピリ辛な肉とチーズのハーモニー。
IMG_3120
おつまみとして、長州鶏の蒸し鶏うまみ生姜のせ。
生姜でさっぱりと。
IMG_3106
店を出てから締めのラーメンを食べないように、最後の締めはカルビクッパで。
辛さは選ぶ事が可能。
IMG_1883
ちなみに狙って座るには予約と問い合わせが必要ですが、五稜郭タワーが見えるあずましい席もあります。