DSC_0094
以前から気になっていた、えきに市場の前にあるこの看板。
函館朝市の海鮮丼といえば、個人的には1,000円~2,000円のイメージですが、ウニとかアレやコレやとのっかるとピンキリです。
その中で500円の海鮮丼とはいかに。
函館 朝市食堂二番館

函館駅から少し歩くと「どんぶり横丁市場」がありますが、その隣の建物が「えきに市場」です。
今回の500円丼は、えきに市場内の2階にあります。
DSC_0095
えきに市場には、テレビ等でよく登場する活いか釣り堀があります。
活いか釣り堀の近くに階段があるので、登ると函館 朝市食堂二番館にたどり着きます。
店内は結構混んでおります。
IMG_3685
階段の下には大きなメニューが掲示してありました。
これもお店の目印になりますね。
ここで1つ目の謎が解けます。
「大人気名物の500円丼は税込みだった。」
IMG_3681
階段を登った後の入口はせまかったものの、店内に入ると「ぱぁー」っと開けたような広々空間です。
小上がり席もあり、席数も多いので団体客にも対応。
そういえば以前、海鮮丼が数種類ディスプレイしてある店で思ったのですが、黄色や赤色が多い丼ぶりほど値段が増し華やかになっている傾向。
黄色はウニ。
赤色は、カニ、エビ、マグロ、サーモン、いくら。
これらがのれば、華やかな海鮮丼の完成。
DSC_0096
5種類ある500円丼の中から、イカ刺し丼を選択しました。
気持的にはジンギスカン丼を食べたく、お得感や色々考えると五目丼かなとも思いましたが、イカの街函館のイカ刺し丼を確かめたくなっての注文です。
味噌汁とお新香が付きます。
ちなみにプラス100円で大盛りにも出来るようですが、サイズ感がわからないので今回はノーマルサイズです。
IMG_3682
ここで2つ目の謎が解けます。
「極端に小さい丼ぶりではなく、普通の丼ぶりだった。」
観光の食べ歩きや朝ごはんには丁度いいサイズです。
自分的には、ご飯大盛りが丁度いいかもしれません。
もしくは2種類のどんぶりを食してみたり。
イカは重ねられてびっしりとのっかっております。
IMG_3683
ここで3つ目の謎が解けます。
「鮮度は悪くない」
鮮度を求めるならば千円以上出して活イカに行きつくのでしょうが、ワンコインなので鮮度がなんだかんだ言っても今回一番気になる重要ポイントでした。
手前のイカ刺しの方が鮮度が良い感じがするのは気のせいか、はたまた光の加減でしょうか。
感想としては生ものなので、その時々で鮮度が違う事もあるでしょうし一概には言えませんが、昔観光で行ったホテルのバイキングにあった刺身コーナーのイカよりも良い。
ただ、ご飯はあったかご飯なので、「イカが温まってしまう」と少し急ぎ気味で食しました。
自分でどんぶりにのせるスタイルなら良いなとも思いましたが、それはどんぶりではないですね。

考えてみると、函館駅から函館ベイエリアにかけて海鮮丼を食べれる店は多々あれど、シンプルにイカ刺し丼というのはあまり見た記憶がありません。
イカ刺し定食として別盛りであったり、イカ・いくら丼のような組み合わせた丼は良くありますが。
何はともあれ、甘みがあり美味しくいただけました。
IMG_3684
味噌汁には食感のあるわかめが入っており、なんだかんだ味噌汁が付くのは嬉しいもの。

自分は全然ワンコイン丼で充分満足が出来ました。
おまけに「観光地の函館朝市でイカ刺し丼を食べた、カッコ500円で」のような変な満足感も。
なにかシチュエーションやその日の気分や財布と相談して決めるのが一番だと思いました。
活イカだったり時には奮発して色鮮やかな海鮮丼を食べたい時もあれば、ワンコイン丼を食べたい時もあるという事です。
人気の秘密がわかったところで、次は何のどんぶりにしようかな。