IMG_4111
この日は、炭火居酒屋 炎 函館美原個室別邸店にて。
人気もあり夜は混みあっているようなので、予約が間違いない感じです。
炭火居酒屋 炎 函館美原個室別邸店

場所は函館市美原町です。
炎の1階と2階があるうちの2階です。
ここで飲んで本町に出るのも良いですが、自分が酒場放浪記をやるんだったら、この周辺の店を開拓したいですね。
何はともあれ個室はあづましいという事で。
IMG_4119
飲み放題のビールはスーパードライです。
温かくなってきたので、ゴクゴク飲めます。
ここまで
まずは、かに味噌炙り。
炎での注文必須メニュー。
口を思いっきり開けてガブリとやらないかぎり、結構長持ちなコスパの良いメニューです。
何といっても、盛り付けが雰囲気を出しています。
どうしてもここに来ると、肉中心に頼んでしまうので箸休めに重宝。
IMG_4102
ザンギ。
結構大きめなサイズです。
IMG_4111
焼き鳥盛り合わせ12本。
自分なら間違いなく、うずら一択。
各1本づつなので、「これを食べて良いですか?」とお伺いを立てるか、全部串からばらしてシェアするか、気にせず食べるかの選択肢が待ち受けるかも。
関係ない話ですが、焼き鳥が串にささっているのは食べやすいからではない説を以前聞いた事を思い出しました。
IMG_4113
ポンポチ唐揚げ。
別名ぼんじり。
鶏のしっぽですが、豚のしっぽだと思っていた時期も。
IMG_4120
塩ユッケ
卵をよく混ぜていただき。
IMG_4114
締めは、月見生つくねチャーハン。
卵をよく混ぜていただき。
締めは炭水化物が食べたくなり、寝る前に神田川を聞きたくなる年頃が今よみがえる。
IMG_4099
札幌に行ったら、根や炎に行っていたのに、両方函館に進出するという結末。
今も札幌でもバリバリの人気店ですね。
函館において回転寿司のみならず、安い居酒屋も増えてきた印象です。