IMG_7447
今と違い回転寿司が珍しかった時代、函館には古くからあった記憶の小僧寿し。
この日はハラペコ戦隊が集まり、小僧寿しを食べる機会に恵まれましたので一部始終をどうぞ。
小僧寿し 大野新道店

公式ホームページによると、函館には大野新道店の他、富岡店があります。
小僧寿しはフランチャイズで、全国いくつかの地域に点在。
ライバルはやはり回転寿司チェーンか。
なんてどうでもいいので、早く寿司食べたし。
鮮度タイマーはもう動き出しているのだ。
IMG_7453
マグロ、サーモン、数の子。
今回の注文は5人前。
食べなれた回転寿司チェーンと比べ、酢飯感はほんの少し強めだったり、鮮度が良かったりと斬新な印象です。
IMG_7452
ホタテとエビ。
評論家でもないので、一つ一つに「このネタはどうで」みたいな話はしません。
「それはコーンフレークちゃうねん」の話をしながら、食べ進めます。
IMG_7449
カニとイクラ。
ここで醤油問題。
付いてきた醤油を使うか、自分のお気に入りの醤油を使うか。
自分はマイフェイバリット醤油を使います。
なので、冷蔵庫の中は醤油の袋であふれている状態。
あと最近の寿司はデフォルトが「さび抜き」で、自分でワサビを塗りたぐるスタイル。
ここでも登場するのが、マイフェイバリットワサビ。
自己満足の世界ですが、服にこだわりのない自分もそこにはこだわる。
IMG_7448
ブーツー、ニーウー。
つぶとウニ。
厳密に言えば寿司5人前は各ネタ1つづつの配分。
しかし、宴の席ではしばしそれが崩壊。
飲むと話に夢中で箸をのばさない自分も悪いのですが、ウニは売り切れ数の子ばかりが残っていたよ。
IMG_7455
玉子。
飲むと米食べない自分は、これでいいのだ。
IMG_7454
全てのネタにありつけていないのでわかりませんが、マグロは旨かったです。
「漁師がマグロに電気ショッカー」のくだりが浮かびましたし。
日本人はマグロが大好き。
IMG_7447
色んな選択肢があるから楽しいわけで。
あえてこの時代に、ガラケー。
あえてこの時代に、セダン。
あえてこの時代に、小僧寿しという選択。
小僧寿しは、はじけたフェアを定期的にやっていて、海鮮丼や1人前メニューも熱いので巴投げでおったまげ。