IMG_7981
いよいよ今週は知内町の大きなイベントの1つ「カキVSニラまつり」があります。
この日はそれに先立って、知内カキと峩朗カキの食べ比べをしてバチバチにVSさせた話です。

時間軸は少し前にさかのぼります。
食べ比べとして購入したのは、この時です。

 

知内のカキVSニラまつりの前哨戦の如く、上磯漁協牡蠣まつりがポールスターで開催。
知内カキと峩朗カキを販売しており、買ってきた次第です。
この時は帰った途端、目の色変えて牡蠣をむきましたね。
IMG_7977
まず帰ってから知内カキと峩朗カキを見て思ったのは、
知内カキ、大きい。
峩朗カキ、小さい。
見た目評価は、知内カキの勝利。
IMG_7981
むいてみましたの図。
左が峩朗カキ。
右が知内カキ。
丸々とした峩朗カキと、縦にのびる知内カキ。
IMG_7978
味はというと。
知内牡蠣は、ザ・牡蠣といった感じで、真っすぐ牡蠣。
独特の牡蠣の旨味、磯の風味はキングオブザ牡蠣。

一方、峩朗カキは牡蠣特有のクセがありませんでした。
牡蠣特有のクセが好きな自分さえも、生で食べやすい牡蠣だなと感じました。

食べ応えがあり王道の知内牡蠣と、生での旨さを持つ峩朗カキ。
勝敗は、引き分けとしておきましょう。
IMG_8023
酒蒸しにしてみたり。
IMG_8021
チーズをねすって、イタズラこいでみだり。
キャプチャ1
さて、2月16日(日)の午前9時30分から牡蠣とニラの販売を知内町中央公民館で開始。
そして、10時より創作料理と特産品販売を知内町スポーツセンターにて。
その他、このイベントの焼きガキコーナーはいつも人気で長蛇の列です。
キャプチャ2
当日の会場図は、上の画像です。
牡蠣やニラを使ったグルメを味わえるのも、このイベントの魅力の一つ。
特産品販売で、紅鮭ハラスの文字を見てピンときました。
間違いなく、ここだと。
下記リンクは、三洋食品の直売店閉店の記事です。



ここのスモークサーモンだったり、紅鮭のハラスや燻製スライスは格安でつまみに最適です。
直売所が無き今、イベントでしか買えないので牡蠣と共におすすめです。