IMG_0418
しゃがれたブルースを聞きながら散歩したこの日は、中島廉売にある紺地鮮魚へ。
なにやら気になる、20万円の値札を発見。

紺地鮮魚
場所は、函館中島廉売内にあり。
中島廉売内の数ある鮮魚店の中でも、飲食店関係の人が割と買いに来ているイメージ。
IMG_0496
新鮮な鮮魚の他、1人で丁度良い量の刺身も各種並びます。
昔は肉ばかり食べていた自分も、今はもっぱら魚食。
昔、生臭いだの、骨がめんどくさいだの言って ごめんなさいです、本当に。
IMG_0497
紺地鮮魚は、塩辛各種が並ぶのも魅力。
辛い塩辛やプチプチ食感の塩辛、たこわさまであり。
IMG_0498
100g単位で好きな量を買えるのも魅力。
それぞれの塩辛に個性があります。
IMG_0417
いつものように今晩のおかずと冷凍庫にストックして置くものを探していると、さけ三平汁20万円の値札。
「ははーん」となります。
この鮮魚店、ユーモアがあるので。
IMG_0418
「これなんですの」とお問い合わせをすると、鮭(ときしらず)の脂の多い部分を入れて三平にしたようで、温めるだけで食べれるとの事。
IMG_0452
それで値段はびっくり価格の20円。
20円で買えるものは駄菓子くらいしか思いつきませんが、まさか三平汁が買えるとは。
鮭が2切れほどと大根とネギ入り。
鮭はそれほど脂は気にならず、ほどよい柔らかさの大根がイケてました。
汁も、しょっぱすぎず旨し。
IMG_0495
ちなみに、ホタテのヒモも売っていました。
IMG_0454
鮮度の良いヒモは、塩もみして刺身で。
IMG_0420
おいしい筋子かくしているようです。
最後に、なぜ三平汁に20万円の表記のPOPにしたかは謎ですが、駄菓子屋のおばあちゃんが20円のお釣りを20万両と言う感覚だと勝手に解釈しております。