IMG_0068
春のち夏ときどき春なこの日は、五稜郭駅前にあるラーメンのてっちゃんへ。
長年近隣住民他に愛され、今では遠方からの観光客も食べにくる人気店です。

ラーメンのてっちゃん

場所は五稜郭駅から歩いてすぐの場所です。
自分が知る限り、結構古くからある印象。
昔は出前の「ラーメンのてっちゃん号」を町でよく見かけたものです。
IMG_0066
のれんとラーメンのてっちゃんの表記がなければ、ほぼ民家な外観。
歴史ありってとこ。
最近は昔以上にコンドル。
IMG_0067
塩ラーメンと正油ラーメンがいつも400円。
コロナに負けるな企画とかではなく、いつも400円。
令和2年5月に400円でラーメンが食べれるのは企業努力勲章もの。
IMG_0079
メニュー表がレトロです。
メニュー表に650円以上のメニューが存在しません。
店内に入ると、店主と常連さんと陽気な音楽がお出迎えです。
IMG_0068
正油ラーメン400円なり。
たっぷりスープがどんぶりにおさまる、昔ながらの店に多いスタイル。
IMG_0075
安いからといって、妥協はありません。
麺の量も普通に入っております。
やっこそうに見えて、あんばいのいい硬さ。
IMG_0070
味しみ系チャーシューは歯ごたえ系。
IMG_0069
メンマ。
正油ラーメンのメンマって好きです。
味噌ラーメンの、きくらげとひき肉がおいしいように。
IMG_0071
麩。
ラーメンに麩は不要、フッフッフという人も周りにいますが、自分は年に数回麩を買うほど好きです。
なんならスープを直接ではなく、麩にスープを染み込ませて吸うように全部飲み干そうか。
というくらい、麩が好きです。
IMG_0073
スープ。
あっさりすぎず、麺とも具材とも仲良しなスープ。
値段400円とか抜きにしても、おいしくて好きな味です。
IMG_0077
店内のカウンターはこのような感じです。
値段が安いだけではなく、店主の人柄や味、その他もろもろがあって、長年続いているような店。
ファンも多い。
IMG_0078
テーブル席もあります。
全てのイスに柔らかなカバーがかぶさってあって、やさしさ品質。
ラーメンもそうですが、中々いい味だしてるなと毎回思います。