IMG_0491
29日の肉の日を待たずして肉が食べたかったこの日は、中島廉売にある肉屋さん、ふれんどりぃ千葉へ。

(有)ふれんどりぃ千葉
中島廉売には肉屋さんが2件あります。
今回の店は、中島廉売の奥側にある肉屋さん。
中島廉売の道路沿いにある肉屋さんではありません。
2件ともそれぞれ特色があるので、自分は両方で買い物をしてみたり。
定休日は日曜日。
IMG_0750
到着です。
酒の肴なら、焼豚。
ここの肉屋さんは、肉がずらっと並んでいません。
値札があり、奥の業務用冷蔵庫から出すスタイル。
言わば、七飯の佐藤精肉店スタイル。
IMG_0492
特大ハンバーグ200gが150円と安いです。
迷わず購入。
挽肉の値段で計算しても安い。
IMG_0551
ちなみに200gハンバーグはこのような感じです。
男らしいごついハンバーグ。
中まで火を通すのに、あの手この手を尽くす。
IMG_0550
単三電池と比べるとこんな感じです。
挽肉の中に大きめ玉ねぎが入り、食べ応え抜群。
軽く塩こしょうをして焼いて食べました。
IMG_0491
それで、ここの目玉商品は豚串。
なんといっても豚串。
この日も奥の方で、店の方が大量の串打ちをしていました。
自分も豚バラを大量に買って串打ちをした事がありますが、結構大変な作業です。
形もいびつになってしまうし。
IMG_0493
いわゆる函館でいうところの焼き鳥。
肉の大きさ、厚さも申し分ない豚串が10本で750円。
1本75円と安い。
しかし、
IMG_0751
土曜日は580円で販売しておりました。
1本58円。

いつまで、土曜日に安く出し続けるかは未定とのこと。
土曜日に行って、安く売っていたらラッキーといった感じでしょうか。
普段の750円でも充分安いですけどね。

おうちでバーベキューをする方々は、これは買いです。
魚焼き機でも焼けない事はないですが、炭で焼くとハイパフォーマンス。
旨い豚串。
IMG_0490
帰りに見かけた、シドケ。
おひたしで食べるようですね。
プロが山に行くと山菜と認識するものも、ど素人な自分から見たら山に生えてる草。
奥が深いものです、山菜。