IMG_1602
たちばな氏と立ち話・・・ではなく座り話をしたこの日は、大沼へ来ていました。
そういえば大沼にある鶴雅リゾート エプイに、ベーカリーショップがあったじゃないかと思い出したように入店します。

函館大沼鶴雅リゾート エプイ ベーカリーショップ

大沼公園駅の右横にある小さな踏切を渡って道沿いに行くとエプイがあります。
建物の位置は、感覚的に大沼公園駅の真裏といった感じ。
IMG_1591
ここに実際宿泊した人の感想も、パンを買いに行った人の感想も、ランチをした人の感想も聞いていますが、口を揃えて高評価。

ちなみに日帰りランチは、現在休止中です。
IMG_1592
入口を入ると駐車場があります。

初めて入った、大沼鶴雅リゾート エプイ 。
緑に囲まれ、庭園が素敵。
IMG_1598
庭園の池から煙のようなものが。
光合成で作られた酸素が見えるようになったのかと一瞬思いましたが、違います。
金のオノをくれる人も出てきません。
IMG_1595
正体はこれでありんす。
池の中にある筒から、ミスト状の水蒸気。
そうとわかった途端、全身に浴びたくなるものだから不思議なものです。
IMG_1599
ここからベーカリーに入ります。
IMG_1600
入店。
ちょうどお客さんが途切れたところだったようです。
写真を撮らせていただいたので、パンを どりゃーっと紹介。
IMG_1601
メープルトーストやチョコマフィン等。

スマホでしたら画像をクリックして、ピンチアウトすれば拡大して、パンの名前と値段を確認出来ます。

初めてピンチアウトなんて言葉を使ってみましたが、いわゆる2本の指を使ってスマホの画面を広げる操作。
IMG_1602
ホテルパン。
惣菜パンまではありませんが、バリエーション豊富です。

このワクワク感を伝えるならば、
朝食を食べてきたけど、また朝食として食べたいようなワクワクさん。
うん。
あいかわらず気の利いた事を書けないな。
IMG_1604
ラスクギフト。
贈り物に使えるなと考えてみたり。
IMG_1605
あらかじめ色んなパンが詰め込まれたテイクアウトBOXは、税別1500円。
IMG_1606
あとは柔らかくてずっと触っていたい、ふわとろクリーム等。
IMG_1607
チョコキューブ
ストロベリーキューブ
メロンパン
アンパン。

色んなおしゃれなパンが並んでいるなか、スタンダードなアンパンが美味しかったりしたら格好いいなとか思ってみたり。
IMG_1608
スワンサイダー等、瓶のジュース系が並んでいました。
IMG_1609
カレーパンが出来たてで登場。
これはもう買い。
IMG_1611
それでもってちょこちょこパンを選んでいきます。
IMG_1610
ちなみに毎週水曜日は定休日です。
IMG_1740
なんだか甘いもの中心に選んでいる図。
糖質が足りていないのか。
IMG_1675
山川牛乳使用のふわとろクリーム。
もっちもっちのふわふわで、美味。
IMG_1672
こちらはカレーパン。
IMG_1678
中のカレーはたっぷりと。
ホテルカリー。
IMG_1612
泊まりたい、泊まっていきたい、帰りたくない、泊まってみたい。
IMG_1614
雨粒がきらきら光っていて、雨粒すら宝石に見えるよ。
IMG_1596
庭園の横にはこのようなテーブル席がありました。
ここでいろんなものを食べたりするんでしょうね。
IMG_1597
そして、ここでいろんなものを焼いたりするんでしょうね。

また近くにきた際は、立ち寄りたいベーカリーショップでした。