IMG_5166
熊石のキャンプ場には、まあ お世話になりましたね。
そんな勢いの、熊石のキャンプ場の記事は1回アゲときたい感じでアップです。
 
熊石青少年旅行村

場所は、八雲町熊石平町。
ひらたない荘の近くです。
ちなみに今シーズン(2020シーズン)は、9月末で営業を終了しました。
IMG_5158
熊石のキャンプ事には、
ちゃぷちゃぷ公園なる、吊り橋のある川があったり、
ローラーすべり台があったり、
アスレチックがあります。

遊べる要素があるキャンプ場という感じ。
IMG_5154
駐車場は管理棟の前に数台分と、向かいに広大な駐車場があります。
たいてい広大な駐車場しか空きがないので、荷物の運搬はちょっと工夫したいところ。
IMG_5155
料金表です。
ツリーハウス等は、公式ホームページからの事前予約制。

どこのキャンプ場でもそうなんですが、
週末や連休ともなると
コテージやツリーハウスの空きがない状況。
早めに予約しておきたいところ。
IMG_5156
熊石のキャンプ場には、オートサイトがありません。
その為、大きな荷物やたくさんの荷物がある場合は、このリヤカーを使用します。

個人的に、リヤカーは少し気分が上がります。
町を練り歩く、お豆腐屋さんのような気分で。
IMG_5159
とりあえず、広大なフリーサイトで場所を決めたので、
早速 キャンプ場内にある ちゃぷちゃぷ公園へ行ってきました。
緑が心地よい。
IMG_5161
この吊り橋を渡って対岸へ行くことが出来ます。
吊り橋は中々スリリング。
そして、この日の川の流れは激速。
IMG_5162
遊んだ後は、晩御飯の支度。
肉といえば、普段はブラジル産の鶏むね肉が主食ですが、ここぞとばかりに いい肉を調達。
IMG_5718
いい肉は、脂が落ちて炎上しやすい説。
そもそも おいしい肉なのだろうけど、
炭で焼いたというのと、
外で食べる事により
おいしく感じるのが醍醐味。
IMG_5723
今回は、木炭と薪を大量に持ってきてガンガン燃やしました。
火が消えたら終わり
お酒が尽きても終わり
みたいなところがありますから。
今回も一番の大荷物がお酒でした。
IMG_5166
この巨大なローラーすべり台は、かなり昔からありますが、バリっとしています。
たくさんの方が遊んでいました。
このすべり台、しゃがんで滑るのがコツ。
おしりで滑ると、お尻が死にます。
IMG_5168
帰りは、乙部の泰安丸直売所へ立ち寄り。


前回、買えなかったホッケをゲットして函館へと帰ります。
また、来シーズンも行きたいキャンプ場でありました。