IMG_7304
「丸井の横にある鯉之助のうなぎが旨い」という話に先日なったこともあり、この日は鯉之助に行ってきました。

うなぎ川魚 和食 鯉之助

場所は、函館市本町。
丸井の近くで、市電が走る道路通り沿いにあります。
IMG_7272
到着。

「おぉ、ここか」と言った感じです。
店の前は何度か歩いているものの、
うなぎの店だという事に、気に留めていなかったというか。
IMG_7305
テイクアウトや、近隣の出前もやっているようです。

予約していた うなぎを取りに来るお客さんが結構いました。
IMG_7276
今回は、一番安い3500円コースにしました。
+1500円の飲み放題を付けたから、計5000円。

一番高いコースだと10000円のコースがあったけど、
3500円でどのような料理が出てくるか、むしろ楽しみです。
IMG_7277
料理が出てくるまでの間、参考程度に通常メニューを熟読。
IMG_7278
うなぎの他に、どじょう料理もあったり。
IMG_7279
飲み物メニュー。
IMG_7280
年越しのオードブルもあるのですね。
IMG_7281
各種コースの内容です。
IMG_7275
大手グルメ予約サイトに、
「夜のみ骨せんべいサービス」のクーポンがあっていただきました。

これ、つまみになります。
IMG_7282
早速、生ビールを注文します。

キリン一番搾り。
IMG_7288
まず出てきた、酒のアテ。
IMG_7295
函館近海で獲れた あんこうの唐揚げ。
IMG_7293
このドロッとしたやつは、なんだなんだ。
聞くと、うなぎのかぶと煮だそうです。

つまみになります、これ。
IMG_7291
手作り湯葉豆腐。
はんなり。
IMG_7294
これ、食べれるようです。
乙部産、食用ほおずき。

まるで、ミニトマトのような酸味と甘さ。
IMG_7289
刺身は、ヒラメ昆布締めとボタンエビ。
IMG_7286
焼き物到着。
・ねぎ
・うなぎの肝
・うなぎ串
・うなぎ ひれ焼き
IMG_7287
このうなぎの ひれ焼きが、珍味のようにおいしい。
串3本を使って、串に巻き付けて焼いています。
IMG_7306
これにはハマってしまい、お土産用に10本購入しました。
IMG_7274
勢いがついてきたので、飲み物のおかわりを。

ピンポンではなく、このベルを鳴らして店員さんを呼びます。
最初、鳴らすの ちょっと恥ずかしかった。
IMG_7283
ビール到着。

隣の席とは仕切りがあります。
2階にも、宴会とかに使える広い席があるようです。
IMG_7297
天ぷらです。
躍動感のある盛り付け。
IMG_7298
自分なら絶対、こういう風に盛り付けるもんな。

衣でごまかしていない、大きな海老でした。
IMG_7299
そして、ついに登場。
ミニうな重と汁物。

5500円のコースだと、これが並うな重になります。
IMG_7301
紀州備長炭で焼く、国産うなぎが店の顔。

色々食べて、ビールも何杯か飲んでいるからね。
ミニでも十分、十分。
IMG_7302
温まります。

今回、お試しで3500円コースにしましたが、十分な内容です。
更に上のコースも気になるけども、3500円のコースの満足度とコスパが高すぎた。
IMG_7304
ふわっとしていて、専門店のうなぎは やはり旨い。
焼きが違うし、継ぎ足し継ぎ足しのタレが、グッときますよね。
IMG_7303
最後はデザートです。

りんごと人参のゼリー。
IMG_7284
ずっと気になっていたのですが、
壁に飾ってあった
「うなぎの心はうなぎが知る」
ってどういう意味だろう。

深いのか深くないのか、わからん。
IMG_7271
ちなみに、店から少し行ったところに契約駐車場もあるそうです。

うなぎパワー、確かにいただきました。