IMG_7234
「冬と言えば?」と聞かれても、鍋かラーメンしか浮かばない師走の中、この日は函館市昭和にある方の赤からに行ってきました。

赤から 函館昭和店
場所は、函館市昭和3丁目。
モダ石油の隣です。
IMG_7215
函館の赤からは、ここ昭和店の他、五稜郭店もあります。

五稜郭店には行った事はあれど、昭和店は初。
店の前で、おいしい においは嗅いだことはあるけれど。
IMG_7216
店の入り口には駄菓子コーナーがありました。

なんで?

と思い聞いてみると、小さいお子様は会計時にガチャガチャを回して、
書かれている金額分の駄菓子をここから選ぶ事が出来るそうです。
なるほど。

もちろん、普通にお金を出して購入する事も可能。
IMG_7220
メニューです。

結局のところ、
焼肉をやるか、鍋をやるか。
どっちもやるか。
どっちもやらないか。

まずは、そこを決めます。
IMG_7221
手羽先も人気で、一品料理もそこそこあり。
IMG_7225
デザートメニュー。
IMG_7224
飲み物メニュー。
IMG_7223
テイクアウトもやっています。
IMG_7219
食べ放題もやっています。
IMG_7222
単品飲み放題もやっています。
IMG_7231
というわけで、飲みます。
お通しは、漬物。
IMG_7218
12月末までの期間限定、赤からもつ鍋を注文しました。
牛ホルモンが通常の赤から鍋の2.5倍入っている たまらない一品。

2人前から注文が出来ます。
IMG_7227
赤から鍋は、0番から10番まで選べるのに対し、
赤からもつ鍋の辛さは、4段階から選ぶ仕組み。
一番辛くて5番まで。
IMG_7229
鍋を待っている間、ずっと鍋を見ていても飽きないけど、
ビールのアテに手羽先を注文しました。
IMG_7230
色々な手羽先の食べ方が書かれていました。
時間がある時は、骨抜きして食べたりもするけど。

このどれにも属さない、特殊な食べ方でいただきました。
IMG_7243
味噌串かつ。
赤からの本店は名古屋だから、これはおさえておきたかった。
IMG_7239
ファンが多いとメニューに書かれていた、赤から玉子焼き。
360円(税抜)。

お上品に、ナイフ付き。
IMG_7240
値段も安く、ふわふわしているのでアリ。
IMG_7217
店内を見渡すと、結構広いです。
そして、ネオンが印象的。

テーブル席の他、お座敷もあり。
IMG_7232
鍋の穴から湯気が出始めたら、スタッ・フーを呼びます。
食欲をそそる においとビジュアル。
IMG_7233
メインの牛ホルモンもたっぷり入っています。
臭みもなく、こってりしているけど結構食べれてしまう。
IMG_7234
あまり煮すぎると、牛ホルの脂がとけるので、上に救出する派です。

久しぶりに食べる赤から鍋でしたが、おいしいな。
そして毎回、「もう1段階辛くても良かったな」と思うんだよな。
IMG_7242
ある程度食べてから頼んだ、トッピングの鍋つくね。
390円(税抜)。
IMG_7246
鍋つくねが気に入り、もう1回注文。

つくねの下にチラッと見えるのは、追加の牛ホルモン 490円(税抜)。
絵面がアレだったので、あえて見切れている図。
IMG_7235
セセリ丼 580円(税抜)。

今回鍋だけで焼肉を食べなかっただけに、
セセリだけは食べておきたくて注文。
IMG_7236
セセリもいいけど、タレもいい。
ガツガツいける。
IMG_7237
締めにラーメンを注文。
IMG_7238
別皿で、メンマとネギ。

ビールと鍋で、満腹になれました。
やっぱり、食べ放題で鍋をたくさん食べれる自信はないな。
食べ放題にしたい気持ちばかりが先行するばかり。