IMG_1211
この日は、知人が絶賛していたのを思い出し、旬味 鹿六へ行ってきました。
海鮮系をはじめ、メニューは実に豊富な店です。

旬味 鹿六

場所は、函館市本町。
函館の丸井の裏手の通りにあります。
IMG_1192
前々から気になっていた店に、ようやく来れた感。

店の外観からは想像がつかないほど、
店内は広く、席数も多かったです。
IMG_1201
メニューを見ていきます。

上の画像の右側が、逸品の一品。
左は海鮮系。
IMG_1202
居酒屋メニューから、ピザやパスタもあり。

「ダチョウ刺」なるものもあり、珍しい。
IMG_1203
店名である鹿六の由来が書かれていました。

鹿料理の店だから「鹿六」だと勘違いして、勝手に思っていましたが、
人の名前からとっているようです。

ちなみに、「鹿もも肉炙り」がメニューにはあります。
IMG_1204
本日のおすすめと、赤ワインに合う料理。
IMG_1205
本日のおすすめ裏と、白ワインに合う料理。
IMG_1206
飲み放題メニューです。

単品飲み放題は、2時間2500円。
IMG_1200
宴会コースもあります。
IMG_1207
おすすめフードと、ドリンクのランキング。
IMG_1223
テイクアウトメニューの、丼ぶりと、お弁当。
500円(税抜)からと安い。
IMG_1218
卓上調味料です。
2020-12-18-18-42-24-578
生ビールを注文です。

この日のお通しは、鮭トバ漬け。
IMG_1210
来る前から、頼もうと思っていたのがこれです。

まるでふぐ刺しのようですが、
イカのたたき 1000円(税抜)。

リピート率の高い、大人気メニューのようです。
IMG_1214
綺麗な薄造り。

イカを開き、網であぶっているらしく、イカの甘味が旨い。
IMG_1215
ポン酢をつけていただきます。
お好みで薬味を。

この美しさと内容で、この値段は安い。
IMG_1226
メニューが多いだけで悩むのに、
自分が好きなものばかりで、更に悩みました。

今回は食べなかったけど、
馬肉だったり、鹿もも肉炙りだったり、フグだったり、のどぐろだったり、牛タンだったり、
食べたいものだらけ。
IMG_1229
あと、「これを他で食べたら倍の値段はするだろうな」
というものも、メニューに散見していて。

良い物を、リーズナブルに食べれるといった印象。
IMG_1216
おかわりは、ドライブラック。
IMG_1224
本日のおすすめにあった、めふんのゴマ油和え。
IMG_1225
初めて食べてから調べましたが、
サケの腎臓を使って作る塩辛なんですね。

これは、いいつまみになります。
IMG_1220
同じく、本日のおすすめにあったハゼの天ぷら。
IMG_1222
これで350円(税抜)って、安いよやっぱり。
2020-12-18-20-13-48-381
カウンター席は、厨房や他の席から見えない造りで落ち着く空間。
ブルーの光が輝いていた。
IMG_1208
このような、半個室もあります。
2020-12-18-20-13-35-986
ちなみに、ランチ営業もしているようです。

美味しい料理に、ついつい飲みすぎてしまいました。
ご馳走様でした。