IMG_8013
この日は、大森町にある らーめん高橋屋へ。

店を包囲するように いつも車がびっしり停まっていて、入店を諦める事が多いのですが、
この日はタイミングよく空いていて、入店です。

らーめん高橋屋

場所は、函館市大森町。

漁火通り沿いにあり、ホテルパコの近くにあります。
IMG_8009
実に久しぶりに来ました。

「ここって券売機だったっけ?」とか
「店内のレイアウトはこういう感じだったかな?」とか
そんなレベルですね。

ちなみに、夜営業をしておらず昼営業のみです。
IMG_8010
メニューラインナップは、上の券売機のとおり。

色褪せた券売機の画像と、色褪せない高橋屋のラーメンの思い出。

おつりの取り忘れに注意。
IMG_8011
ここ高橋屋は週替わりで、豚骨スープと鶏ガラスープが入れ替わるので有名です。

偶然なのですが、自分は何度か訪れるも、
いつも鶏がらスープの日にあたります。

今回はどうでしょう。
まだ見ぬ豚骨スープに、胸躍らせて入店すると、
なんと今回は・・・

鶏がらスープでした。
IMG_8012
店内は長いカウンター席と、テーブル席。

卓上調味料の一味の色褪せもそこそこに。
IMG_8013
中華そば大好きな知人は、中華そば 800円を迷わずに注文。

リアクションを見る限り、満足だったのであろう。
縄跳びダンスみたいな動きをしていたし。
IMG_8014
チャーシューがやたらと美味しそう。
離れていても湯気で、いいにおいが香った。

犬に負けないくらいの嗅覚を発揮。
IMG_8015
自分は、辛味噌ラーメンの大盛り 980円を注文。

どのラーメンも、大盛が100円しないのは素敵。
IMG_8016
ネギはスープの中にもぐっておらず、浮上タイプ。

たっぷり乗っております。
スープも熱々。
IMG_8021
チャーシューは歯ごたえ系。

それにしても、空いているからと入ったものの、
次から次へと お客さんが入ってきます。

昼時でもないのに、この回転率はすごい。
IMG_8020
麺は、ちぢれの好みのやつね。

ちなみに、2020年11月に高橋屋監修のトリガラ味噌ラーメンが、
函館と苫小牧エリアのローソンで販売されたそうです。
価格は530円。
IMG_8018
久しぶりだから忘れてしまっているのもありますが、鶏がらの時ってこんなにコッテリだったかな。

スープは、一般的な辛味噌ラーメンのピリ辛な感じはともかく、
にんにくがガツンと効いていて、ベリーストライク。
ちょっぴり懐かしさを感じる味も良き。

こうなると、ますます まだ見ぬ豚骨スープの味噌ラーメンが気になるわけです。
次回はどっちだ。