DSC_0028
この日は会食があり、
知人より「税込み5400円の料理を用意しとく」と聞いていたので、
ステップ バイ ステップ、ケース バイ ケースで階段を登り、旬花へ入店します。

四季海鮮 旬花

四季海鮮 旬花は五稜郭タワーの2階にあります。
以降、旬花と記載。

旬花の前に四季海鮮が付くとは知らなかったですが、
お店に適した良いネーミングだと思います。
DSC_0030
まずは別料金で生ビールを。
生ビールは観光地らしく、サッポロクラシックです。

ちなみに今回の懐石メニュー。
月によって違うようですので、参考までに。
DSC_0032
先付 前浜産栗蟹甲羅盛。

自分の知っているクリガニよりも、数倍おしゃれに登場です。
一杯目はビールな気分でも、これは日本酒が吉でしたね。
DSC_0033
前菜 季節珍味盛り合せ。

「まずはこれで酒でも」のやつです。

・白貝松前和えは、ひと手間加えた感。
・蛸柔か煮は、柔らく日本酒にあう。
・鮟鱇煮凍り肝味噌乗せは、視覚的にも楽しめる。
 そして、あんこうの漢字って難しい。
・海老あられ揚は、あられが固くシケった感。
・菜の花くるみかけは、何も考えずにぱくり。
DSC_0034
刺身です。

函館産 めばる。
北斗産 にしん。
日髙産 北寄貝。
青森産 やりいか。
長崎産 本まぐろ。
といったラインナップです。
DSC_0035
「メインがめばるなんだ」とか、
「やりいかが、函館とか松前じゃなく 青森産なんだね」
のような会話をしながら食べ進める。

鮮度に厳しい函館人もご満悦な鮮度です。
ここの刺身は、その時々で種類は変わりますが
毎回間違いないです。
DSC_0037
そろそろ日本酒にスイッチします。
場所的な事もあり雰囲気で、函館奉行 純米吟醸で。
DSC_0039
日本酒に対するは、焼物。
本ます打ち粉焼。

メインもさることながら、筍と百合根も存在感がある味わい。 
DSC_0040
他にも、
・ミニ五目釜飯と香の物
・揚げ物
・海老とわかめの春巻

が出ましたが、飲むのに忙しくて写真は撮っていません。
DSC_0043
蒸し物 森町産ひこま豚と雪の下キャベツのゆっくり蒸し。

すっかり食べる機会が増えたひこま豚。
ネーミングは長いですが、これ以外のネーミングが浮かびません。

変わり種の面白い味わいです。
DSC_0044
強肴 和風ビーフシチュー。

結構パンチのある肉ですが、ホロホロと柔らか。
さすがにお腹がきついです。
DSC_0046
デザート 抹茶アイスクリーム。

釜飯やらなんやらでお腹いっぱいになりました。
各懐石の料金は幅広いですが、
自分の財布の中身じゃ懐石にはたどり着けないので、ゴチに感謝。