IMG_8560
くそったれの青春話をしていたらお腹が空いたので、この日は函館市本町にある五稜郭家に参った次第。
朝方までやっている事もあり、いつもは飲んだくれて食べにきているこの店に、久々のシラフで登場であります。

らーめん 五稜郭家

場所は中央病院の並びです。
昼は11時30分から14時30分の昼営業と、19時から朝方までの営業。
遅くまでやっていて立地の良さから、飲んだ締めで、ちょいちょい訪れます。
IMG_8549
「札幌 すすきの」ほどではないですが、夜と朝で違う顔を見せる函館市本町。
ネオンパワーは、やはり強いです。
最近は函館でも居酒屋ランチをやっている店があるので、雰囲気さえつかめれば、夜にも訪れやすくなるのはありますね。
IMG_8551
入店すると券売機があります。
券を渡して、麺のかたさや味の濃さの要望があれば伝える仕組み。
今になり気が付きましたが、券売機左上にPAYPAYのコード。
IMG_8556
自分の家より多い調味料群。
生姜とにんにくを使ったり使わなかったり。
気分次第で色々お試しあれ的な感じです。
年に2回くらいは、にんにくマンか?というくらい所望したい時があります。
IMG_8558
しばらくこないうちに、麺が4種類から選べるようになっていました。
同じスープでも麺によって、また変わりますのでこの選択肢は良いですね。
IMG_8560
トンコツ醤油を注文です。
こってりとしています。
IMG_8566
麺は中太ウェーブ麺をセレクト。
グイグイ食べれてしまう。
IMG_8561
食べ応え満載の、チャーシュー。
ちなみに、ダテパー発行のラーメンガイドのクーポンがあれば、あんかけ以外のラーメン全品が500円になるのがすごい。
IMG_8562
わかめも入っております。
今年の花見の心配を、今からしながら食します。
IMG_8563
そして、ほうれん草。
昔、「ポパイのほうれん草」という店に、よく食べに行ってたなと考えながら食します。
IMG_8564
のり。
飲み会ではやはり、ノリが大事なのだろうかと考えながら食します。
IMG_8568
スープはやや濃い系。
だからこそ、がつんとニンニクが合う。
IMG_8559
最強の食べ方も書かれているので参考に。
味のチョイスや麺のかたさ以外に、麺の種類を4種選べる選択肢で世界が広がりました。