IMG_2332
カッティングシートを使った小物リメイクも終盤となったこの日は、田家町にある炭火やきとり 酒房さかつねへ ゆるりと行ってきました。

炭火やきとり 酒房さかつね

場所は函館市田家町にあり、近くには田家の湯。
田家の麺次郎がある道路沿いにあります。
IMG_2291
以前は、「みんなの家 串や すずや」があった場所です。
教育大生のアルバイトが多くて、元気な店だった印象。
ちなみに函館駅前にも、すずやはありますね。
IMG_2294
1階にカウンター席、2階は広々としたあぐらをかける席。
レイアウトは、すずやの時とほぼ同じかな?
IMG_2293
昔は「箸置きを使いな、ドブ猫」とよく怒られて平手打ちをくらったものです。
選べる箸置き。
ちょっと嬉しい。
まあ使わないんだけど。
IMG_2295
手書きの炭火焼メニューです。
白レバーがおすすめ。
IMG_2296
上の画像の左上に注目。

おっぱい
こころのこり
えんがわ

おっぱいが心残りなわけではなく、3つとも希少部位のメニュー名です。
早い時間に売り切れるという人気部位。
IMG_2298
日本酒メニュー。
SNSでは、店主が本日のおすすめの日本酒の紹介も。
IMG_2302
炭水化物メニュー、サラダ、揚げ物。
IMG_2304
一品料理。
ちなみに刺身メニューも、「本日のお刺身」として壁貼りメニューで3種類ほどありました。
IMG_2305
焼酎メニュー他。
IMG_2307
カクテル、ワイン、サワー。
IMG_2309
そしてハイボールと豊富な飲み物メニュー。
IMG_2297
飲み放題もやっています。
1700円(税抜)。
IMG_2336
まずは、どうもどうもとハイボールを。
乾杯する理由もないが、暑い日は飲むのがオアシス。
IMG_2299
お通しは、ホタテと生ハム。
IMG_2316
やはり最初は豚バラかな。
長ネギではなく、玉ねぎが刺さった室蘭やきとりスタイル。
炭を感じる焼きが最高。
IMG_2317
上の画像の下の串が、こころのこり。
とりの心臓とレバーをつなぐ管のようです。
同じく希少部位の、おっぱいとえんがわは売り切れ。

悔しいな。
まだ、こころのこりが売り切れならば、「こころのこりがなくて心残り」みたいな事も言えたのに、こころのこりだけあるという難しさ。
IMG_2318
焼き鳥の皿には、からしでもワサビでもなく、辛味噌がのります。
この辛味噌はすごい使わせていただいた。
味噌ラーメンに溶かしても旨いんじゃないだろうかと思うほど。
IMG_2319
砂肝にんにく醤油。
砂肝の食感を楽しめるさっぱりと冷たいメニュー。
IMG_2320
にんにくは辛いだろうと思って食べたのですが、ホクホクに柔らかく。
まったく臭みなし。
食べている自分は、周りからしたらにんにく臭いのかもしれませんが、にんにくの刺激感は皆無。
こりゃイケます。
IMG_2321
おすすめの白レバー。
レバーの鮮度ありきの一品。
IMG_2322
手作りのつくね。
月見バージョンでいただきます。
IMG_2327
チキンスペアリブ。
手羽先を開いてカリカリに焼いたやつ。
IMG_2328
左、とり。
右、とりなんこつ。
IMG_2330
上、かしら。
下、はつ。
何食べても美味。
IMG_2331
チョリソー串。
ビールが進む、ほどよい辛さ。

あと接客が良かったです。
変化球な質問も、一回一回「店長に聞いてきます」ではなく、ある程度任されているのか若くても臨機応変な対応と決断はしびれたな。
IMG_2332
左から、
手羽先
豚タン
セセリ
ぼんじり
砂肝
IMG_2337
他にも色々食べた記憶。
ほろ酔いを超えた。
IMG_2351
締めはガツポン。
IMG_2348
飲み物の締めは日本酒。
IMG_2292
炭火焼きをたんまり感じる、やきとりを堪能しました。
色々な店があるなか、酒房さかつねの色を感じ満足でした。
あとは、おっぱいとえんがわをいただけなかったのが心残りなだけです。