IMG_3328
そろそろ 鹿六への再訪をしたいなと思い描いていた矢先に、
店の公式SNSで、7月末まで17時から生ビール1杯200円の文字。

という訳で、それも引き金になり この日行ってきました。


旬味 鹿六

場所は、函館市本町。
函館の丸井の裏手の通りにあります。
IMG_3321
久しぶりの鹿六。
なんといっても、本日のおすすめが楽しみですね。
今宵はどんな出会いがあるかしら。

ちなみに前回の記事は、下のリンクより。

画像のこの料理、おいしいのです。


2回目も頼んでいるけど、画像のこの料理おいしいのです。

IMG_3323
ブルーに光るカウンター席が素敵。
店内は広く、半個室席やテーブル席があります。
IMG_3338
7月末までの期間限定企画がこれ。
生ビール(アサヒスーパードライ)が200円。
アサヒスーパードライエキストラコールドが、250円。

ちなみに、上の画像の乾杯する手。
左が男性で、右が女性、両者とも体脂肪率の低いアスリート体系と思われるけど、
この後ビールの泡が手にかかる事は想像に容易い。
IMG_3324
迷わず、生ビールを注文。
暑い毎日ですからね。
体はベタベタでも、のど越しすっきり。
IMG_3331
お通しは、じゃこおろしって言っていたかな。
お通しでお酒が進むって、普通のような事だけど結構大事。

函館じゃないけど昔、びっくりするお通しを出した店があって、
8人全員残したわ。
IMG_3325
ぼちぼち、メニューを見ていきましょう。
7月の推奨品と、お店のおすすめメニュー&ドリンク。
IMG_3326
この日の本日のおすすめです。

自分の好きなウニがあるやん。
IMG_3327
本日のおすすめの裏面。
サクラマスのとばや、めふんが気になります。
IMG_3343 (1)
その他、通常メニューです。
豊富なメニュー達。
IMG_3339
テイクアウトの弁当のメニューもありました。
IMG_3328
今回は、すべて本日のおすすめから注文しました。
まずは、函館産殻うに 2個で500円。
IMG_3329
身が痩せていなくて、ふっくら。
身入りが良くて、これで2個で500円は安い。
IMG_3330
むいてある殻うにを食べるのは至福ですね。
自分が うにをむくと、身が崩れるし、昆布みたいな変なのがくっつくし。

スプーンでいただきましたが、濃厚な海のスイーツといった感じ。
IMG_3333
続いては、本日の3種盛り合わせ 1300円。
IMG_3334
美しいですね。
これを見ながら、お酒を飲める。
この時点で、生ビール3杯目突入。
IMG_3335
この日の3種盛り合わせは、
サクラマス刺。
IMG_3336
マゾイ刺。
IMG_3337
大ボタン海老。

どれも鮮度抜群。
色味も良き。
IMG_3344
サクラマスのめふん 350円。
IMG_3346
めふんって買うと高いんですよね。
それが350円で食べられる喜び。
今回はビールでやったけど、日本酒のアテに最適です。

どの料理も美味しく、落ち着く店です。