IMG_3387
お店の公式SNSを見るたび、食べたいと喉を鳴らしていた生うに丼。
よりによって、今年は例年以上に うにが食べたい熱が強く、
食べたいと思いながらも、めざしを食べてやり過ごす日々。

そんな中この日、ついに民宿ムカラミヤへ行く事ができました。

民宿 ムラカミヤ
場所は、知内町小谷石。
イカリカイ駐車公園より、まだ奥の方です。
IMG_3375
この道で正解なのか心配になるくらい真っ直ぐ突き進むと、のぼりが出現します。

「ランチ営業中」や、「カキフライ」の のぼり。
ここや。
IMG_3372
駐車場は、民宿の手前を右折した場所にあります。
民宿を通り越さないよう注意。
IMG_3377
道南の秘境小谷石。
となれば、そこで食べるご飯は秘境飯かな。
IMG_3404
営業時間は、上の画像のとおり。

知内町小谷石は、釣りをする人からすれば、
超絶メジャースポット。
昆布の奥で、巨大アブラコが潜んでいる。
IMG_3382
とか言いながら、そう簡単に釣れないのですけどね。
(自分の技術的に)。

昔、夜にこの辺で投げ釣りをして、
明るくなってみてみたら、目の前の大量の昆布の上に仕掛けがのっていたからね。
あれじゃ、一生釣れるわけないわ。

そんな事もあったけど、やはりこの辺に来ると釣り魂がうずく。
IMG_3379
おっと。
うに丼を食べにきたのでした。
時を戻します。

メニューです。
カキフライ定食もいいな。
IMG_3381
ドリンクメニュー。

おっ。
知内町の帰山農園と、出羽鶴酒造が一緒に紡いだ純米吟醸、ましろもありますね。
IMG_3387
ぶれそうになるも、初心貫き注文。

生うに丼 3500円。
小鉢と味噌汁が付きます。
IMG_3388
うに丼情報を公式インスタから引用すると、
ウニ丼に使われるウニは目の前の海でダイバーさんが、水深20m~30mの深いところからとったものだそうです。

今年のウニの提供は8月までとも書いてありました。

最新の情報は、お店の公式SNSでご確認ください。
IMG_3390
小鉢のメカブ。

正直、うに丼ハーフにしようか、ちょっぴりだけ迷いみたいなのが最初あったんです。
というか、びびった。
ランチで3千円以上は、最近なかったですから。

でもハーフとの価格差、1000円なら、
レギュラー大アリすぎ。
というか、うに丼の相場を考えたら、3500円でこの うにの質と量は満足すぎる。

と考えながら、食べたメカブ。
IMG_3389
ふのりの味噌汁が、体の奥底に染み入ります。

小鉢のめかぶも、ふのりの味噌汁も、
うに丼の陰に隠れておらず、存在感バリバリの美味しさ。
本当に。
IMG_3403
店内で食べる事もできるけど、
外のテラスで食べる事も出来ます。

天気の良い日なら、潮風が心地いい。
IMG_3393
というわけで、海の恵みに感謝。
上の画像には、特に意味はない。

「そんな事してねーで早く食べれやバカ」と自分自身でも思いますので食べましょう。
IMG_3391
最初は、醤油を使わずそのままいただきます。

使い古された常套句かもしれないがあえて言おう。
濃厚。
濃厚。
口の中に小谷石の磯が一瞬で広がったわ。
甘くて美味しいうにです。

ちょっと嬉しかったのが、うにの下にシソがあって、
ご飯の熱を伝わりずらくしている事。
だから、最後までとけずに身がしっかり。
IMG_3394
たっぷり100gのった知内産うに。
うにが もう重なって積み上げられています。
うにがたっぷりで、逆に米が足りないくらいの贅沢に盛られたうに丼。

画像をみていたら、また食べたくなってきたな。
自分へのご褒美でまた食べにいこう。
そうそう、ご褒美をもらえるような事象はないのだけど。