21 (1)
昔からウニは好きだけど、
大豆が主食の自分にとっちゃ、高嶺の花のような存在。

だけど、2021年は食べたい想いが爆発してしまい、
背伸びをして、ウニを求め続けた1年でした。
abfb931d
2021年に、ウニを口にした記事を一覧にしてみました。

一覧にすると、そんなに言うほど食べてないのだけど、
例年だったら、そもそもウニを口にする機会がないからな。

それぞれのリンクをクリックすると過去の記事を閲覧できます。



まずは、1月20日の記事。
いか太郎 プレジデント函館朝市店。
1
まんぞく1000円丼を頼む。

ランチで、外看板に書いてあった1000円の海鮮丼。
2
海鮮丼を頼んで、たまたまウニと出くわしたパターン。
かなり、テンションが上がった記憶。



3月1日の記事。
函まるずし。
3
特上12貫セットの5人前。
4
ウニも入っていました。

この頃は、まだウニに対してそんな熱い想いもない時。
うに活 夜明け前といった感じでしょうか。

IMG_3176
ちなみにスシローで食べたウニは、
このような感じでした。


 
5月17日の記事。
紺地鮮魚。
5
バフンウニが安かった日です。

そもそも、殻付きウニを買う事自体が、
これまで ほぼありませんでした。

安さが購入意欲をかきたてたな。
6
これだけ買っても1000円ちょい。

小ぶりなウニだったけど、
味は濃厚でした。



7月10日の記事。
かに卸問屋 信幸 どんぶり屋。
7
函館朝市を歩いていたら、
「牡蠣をサービスするから」と声をかけられ、
それが決め手となった3色丼。

瓶ビールまで頼んで、やる気まんまんな図。
8
選べる3色丼で、ウニダブルとアワビ。
実質2色丼。

これで、完全に ウニスイッチが入りましたね。
全部ウニにしようかとも思ったけど、
アワビも美味しかったので、これで良かったと思ってます。



7月14日の記事。
旬味 鹿六。
9
本日のおすすめにあったウニ。

殻付きウニが2個で500円だった日。

そういえば、ウニってトゲトゲがあるから最強かと思いきや、
石鯛とか一部の魚は、ウニをガリガリ食べるようです。

すごいな。

そもそも魚類に痛覚がないという説もあるらしく、
真実は魚のみぞ知る。



7月23日の記事。
知内町の民宿ムラカミヤ。
10
SNSで見て、一目惚れした 生ウニ丼。

ウニの為なら、
いつまでも どこまでも 走れ走れいすゞのトラック
とばかりに、知内町へ行ってきました。
11
知内産生ウニがたっぷり。

濃厚かつ、甘味があってたまらん。
食べ始めると一瞬なんだよな。

その1秒1秒を大事にしたいよ。



8月12日の記事。
居酒屋食堂 さわ7。
12
刺身盛り合わせを注文。
13
しっかりと生ウニ。

色々な刺身も当然の如く美味しいけど、
この時期は、主役がウニに見えるくらいウニ熱700%な頃。



8月20日の記事。
居酒屋あずみ屋。
14
お通しがウニでした。

お通しで殻付きウニって最強だろ。
ウニ的にも一番いい頃かな。
そういえば、昔釣りでウニが釣れた事があったな。



9月1日の記事。
紺地鮮魚。
15
ウニが安く売られていた時。
これは、買いでしょう。
16
それっぽく剝いてみようと試みるも、
素人がやるとこうなる。

居酒屋で当然のように食べていたウニも、
剥く苦労とか考えると有り難さしかない。



9月10日の記事。
塩水うに対決。
17
奥尻の塩水ウニ。

甘くて濃厚で、塩水ウニのレベル超えてら。

ウニの美味しさの表現の引き出しが、
「甘い」と「濃厚」しかないのは考え物。

奥尻のウニは、期間が決まっているから希少です。
来年は予約しよう。
18
おがわの塩水ウニ。

物は見た目じゃない。
安くて美味しかったな。



9月12日の記事。
積丹町の お食事処みさき。
19
ウニ目的の為に、いよいよ積丹町までやってきました。
20
美味しすぎる。

知内もそうだけど、
相場より安いんだよな。

じゃらんで度々紹介される有名店で、激混み。



11月13日の記事。
最後は、居酒屋食堂さわ7。
21
前回の積丹戦で、ウニ活最終章と思いきや、
本日のおすすめでウニがあったので、たまらず注文。


こんな感じで、ウニを堪能できた1年でした。
来年はどうなるかな。


最後に。
令和3年、記事を読んでいただきありがとうございました。

今年は電光石火のような1年でしたが、
来年はどんな年にしようかなと模索中です。

令和4年もよろしくお願いします。
むしろ明日もよろしくお願いします。

良いお年をお迎えください。