IMG_9798
カニ食べいぐべ。

はにがんでいぐべ。

という事で、
函館朝市で毛ガニを買ってきました。

マルジュウフーズ

場所は、函館市若松町。

どんぶり横丁市場の海側の入り口と、
えきに市場の海側の入り口の間にある店です。
IMG_9788
久しぶりのマルジュウフーズに、かに歩きで到着。

自分が 毛ガニを買う店はいくつかあるけど、
ここで買うことが多いかな。
IMG_9796
ここは、同じく函館朝市にある すずや食堂系列。

海鮮セットなんかも販売しています。
IMG_9795
たらこや、筋子なんかもあり。
IMG_9790
名物、カニの形をしたカニの水槽。

その日によりカニの価格は変わるけど、
この日は、活たらばが、100g500円。

結構大きいサイズだったから、
そこそこの値段になるのかな。

目方を はかってもらえば良かったな。
IMG_9797
特別面白い動きをする訳でもないけど、
カニを見ているだけで面白い。

というか、夢ですね。

昔と違ってカニが値上がりしている時代だから、
「こんな大きなカニを食べてみたい」という夢がある。
IMG_9791
さて、本命の毛ガニ。

100g 400円と格安。

聞くと、
若ガニだから安いとの事。

知人がよく
「毛ガニ1杯いくらで買えるんだ」
と聞いてくるけど、目方だから。

軽いと安い、重いと値段は上がる。
IMG_9792
ちょいと毛ガニについてググってみると、
甲羅が硬く、
かに味噌が水っぽくなく、
身がぎっしりなのが堅ガニ。

それに対し、
脱皮まもない為、皮が薄く、
身があまり つまっていないのが若ガニ。

ただデメリットばかりじゃなく、
カニ身が甘いという特徴や、
価格は安いので、
手が届きやすいというメリットはあるらしい。
IMG_9793
お店の方に、若ガニの中でも
身入りのよさそうな物を厳選してもらいました。

大きさはビッグサイズ。

これが堅ガニだったら、贈答品物だろうな。

ちなみに毛ガニは、
少し時間がかかるけど、茹でてもらえます。

価格は、上の画像の3杯で4500円ほど。
IMG_9794
茹でた後は、氷締め。

受け取りまでにかかった時間は、
40分~50分くらいだったかな。

自分で茹でてもいいけど、
以前買って塩加減が良かったし、
プロに任せた方が安心だし。
IMG_9798
身入りはパンパンではないものの、
思った以上に身が入っていて、味は抜群でした。

なんたって、さっきまで動いていた毛ガニだからね。

自分のもとから
遠くへ離れていってしまったような毛ガニだけど、
このくらいの価格だったら若干近くに感じます。

個人的には、これでいい。

大あり。