IMG_8975
小さい時って、
「骨が多くて食べにくいから」
という、人間に都合の良い理由で嫌いだった魚。

でも、今は好きなんだから不思議だなと考えながら中島廉売へ。

沢田鮮魚店

場所は、函館市中島町。

函館カネニ中島店の向かいです。


ちなみに、函館カネニ中島店の記事は上のリンクより。

IMG_5732
中島廉売の魚屋が並ぶ通り。

いつも、お金が落ちているわけでもないのに
下ばかり見て歩いていますが、
上を見上げれば、鮮魚店の名前が書かれています。

発見はいつも、視線の少し真上。
IMG_8082
発見ついでに書くと、
中島廉売の魚屋が並ぶ通りの屋根って
こんな感じだったんだな。

今は使ってないであろう、
絶対的昭和のにおいがする電球が付いていたり。
IMG_7856
今回スポットライトをあてるのは、沢田鮮魚店。

実際、鮮魚店の名前を気にしてないというのが実情かも。

何回も来ている店なのに、
沢田鮮魚店という名前だという事を今回初めて知ったもの。
IMG_8973
牡蠣や、つぶが並んでいました。
IMG_7855
ホッキやホタテ。
 IMG_4898
ちょいと前ですが、
つぶが、すごく安い時期があって。

つぶが強い店だなと思っていました。
IMG_4903
400円のつぶと、
400円のヒラメの刺身で
パラダイスになった事もありました。
IMG_7857
ここは、L字に商品を陳列していて、
手前には鮮魚、奥の方にはマグロやカニが並んでいます。

マグロも安いんだよな。
IMG_8977
毎回必ず、中島廉売の全ての鮮魚店を見ます。

必ずこの店で買うっていうのはなくて、
良い物だったり、面白い物があった店で買っています。

魚、もとい相手は自然だから、
時化で魚が無い時もあるし、
大漁で安い時もあるし。

何の話をしているのか、わからないし。
IMG_8978
この日も、店主の威勢のいい声が。

「今日は声が出て気合い入ってるな」
なんて、勝手に思ってみたり。

魚の食べ方だったり色々教えてくれる優しい店主。
IMG_8975
勝手ついでに書くと、
安定的にソイの刺身やヒラメの刺身がある印象。

だから勝手に、「ソイの店」と呼んでいます。
心の中で。
IMG_8983
という流れでマゾイの刺身を購入。

これで400円ってすごい。

あとは、日本酒を用意すれば出来上がりです。