IMG_1270
なんとなくシャキッとしない この日は、
辛い物を食べて目を覚まそうじゃないかと。

刺激的な辛さで思いついたのが、
北斗市の櫓屋です。

中華そば 櫓屋

場所は、北斗市七重浜。

国道227号沿いにある、ラーメン店です。


以前行った時の記事は、上のリンクより。

名物の大きいザンギをテイクアウトしたんだよな。
IMG_1297
昼でも夕方でもない時間でしたが、
なかなかに混んでいた日。

みんながみんな、
お昼12時ジャストに
ご飯を食べるわけでもないから、
不思議でもないか。

そういう自分も、
昼ご飯なのか、夕ご飯なのか
わからない時間に来ているわけだし。
IMG_1255
メニューを見ると、
「夏季限定 櫓屋のスタミナメニュー」がありました。

冷たいメニューだったり、
辛いメニューだったり、
スタミナメニューだったり。

夏 先取り。
IMG_1257
特製櫓そばのメニューです。
IMG_1258
定番メニューと書かれた櫓そば。

濃厚和風豚骨醤油がたまらないやつ。
IMG_1260
なんといっても目を引くのが「全部のせ」です。

肉のボリュームがすごい。

注文する人が多く、人気なんだなと。
IMG_1261
ここは、メニューが多く、
ラーメンだけでも結構なバリエーション。
IMG_1262
食べるものは決めているけど、
こうやってメニューを見ていると、
目移りしてしまうな。
IMG_1256
定食や丼ぶりメニューです。

こちらも、肉の存在感がすごい。
IMG_1270
夏季限定メニューと迷い、
注文したのは定番メニューから。

漢の辛味噌ラーメン 1030円に、
メンマトッピング +100円。

辛さで夏気分を便乗しようじゃないか。
IMG_1271
前に食べた事があるけど、
これを見て、全ての記憶がよみがえった瞬間。

辛かった記憶も、
美味しかった記憶も。
IMG_1273
激辛+濃厚。

それは何を意味するかというと、
最高。

コク深いスープ。
IMG_1275
漢の辛味噌ラーメン。

「辛味噌」の名こそ入っていますが、
スタンダードな辛味噌とは別次元の辛さ。

他店でいうところの、「地獄ラーメン」といったところかな。
IMG_1276
デカいチャーシュー1枚系ではなく、
豚肉がいくつも入っていて、
このラーメンには これが合うな。
IMG_1277
食べれば食べるほど、
運動で汗をかいた後くらいに
汗だく状態。

実際、自分は運動なんてしないので、
イメージで書いています。

サウナに入った時くらいの汗だく。
IMG_1274
潔い。

いさぎよい辛さ。

あと、上にのっているパウダー状の唐辛子は、
よく混ぜて食べたほうが良いです。

むせた時は、それこそ地獄。

辛さの事ばかり書いてしまったけど、
美味しく完食し、
作戦どおり目が覚めた1杯でした。