IMG_4029
食欲の秋にも、
スポーツの秋にも自分は該当しないけど、
魚が美味しい季節がやってきましたね。

この日は、美味しい物を探しに
紺地鮮魚へ行ってきました。

(有)紺地鮮魚

場所は、函館市中島町。

簡単に説明すると、
中島廉売にある、肉屋さんと肉屋さんの間にある鮮魚店。

ショーケースで売られている
塩辛が目印です。
IMG_4033
今回の主役はタイトル通りサンマなんだけど、
あゆも美味しかった。

しかも、子持ちあゆ。

子持ちあゆは初めて食べたな。
IMG_4030
イカが大きくなったし、
この日は毛蟹が安かった。

生ものなので
明日はわからんから
買える時に買っとこう。
IMG_4031
貝類は安定的にありんす。

さすがにこの時期は、
殻付きうには入らんか。

日本一金物店に昔、
うにの殻をむく道具が5千円くらいで売っていたけど、
今となれば買っておくべきだったかな。
IMG_4032
刺身各種。

6パックくらい買えば、
ツマもついているから、
世のツマも皿に盛るだけで
刺身盛りが作れるというやつ。

刺身の大量生産をするのなら、
刺身パックを買うのではなく
自分でさばくのが良き。
IMG_4029
生サンマが、1尾150円で売っていて、
刺身に出来る鮮度か聞くと、
出来るとの事。

なら買うか。
IMG_4067
一部は、塩焼きにして。
IMG_4062
残り4匹は、
完全自己責任の思いで刺身にします。

サンマの刺身は、
イカ同様にアニサキスに気をつけないと駄目だし、
アニサキス被害が多い魚というくらいは知ってる。

それはもう、
本気でネット検索しました。

捌く時に、ガン見でアニサキスを確認し、
薄く切るのはもちろん。

あと、魚屋さんのアドバイスで、
24時間以上冷凍してアニサキスを殺します。

家庭用冷凍庫だとマイナス具合が弱いから、
24時間以上がよいみたい。

サンマの刺身を作る人は、
とにかくこんな記事より、
サンマの刺身をつくる記事を
インターネットで調べる事を強くおすすめします。
IMG_4065
なんとか出来ました。

びびって、内臓付近の身は大きく切りそそぎ、
冷凍技術を活用し急速冷凍。

脂ノリが良くて激ウマ。

ただ刺身を、
こんなにドキドキしながら食べるのはもういいかな。

俄然、店で食べるわ。